部活引退後におすすめのダイエット!体型維持に繋がるプライベートジム

部活引退後におすすめのダイエット!体型維持に繋がるプライベートジム

 

部活引退後の体重増加の原因は?

部活引退後に体重が増加し、「太った」「痩せない」という悩みを抱えている女性は少なくありません。

この体重増加の原因は紛れもなく運動不足で、身体を動かさなくなった影響で消費カロリーが減っていると考えられます。

私も高校時代はバレー部で活動しており、日々身体を動かしていました。

・準備運動としてジョギングやランニングを行う
・筋力トレーニングを行う
・上記の基礎体力づくりの他、サーブやレシーブなどの基礎メニューをこなす

こんな感じで精進し、2年時にはインターハイで県ベスト8という記録も残しています。

しかし、高校を卒業してからは運動する機会が減り、27歳となった今ではあの頃とは違ってブヨブヨの体型となってしまったわけです。

私と同じように、これから迎える三十路に向けて加齢太りを解消したいと考えている女性は多いのではないでしょうか。

・運動をすることがなく消費カロリーが増えない
・毎日の食生活では肉類が中心

このような生活を送っていては太る一方ですし、憧れの体型からどんどん遠ざかってしまいますね。

30代から加齢太りが進行する原因は?

今は20代後半でも、30代40代と年齢を重ねていくにつれて更に加齢太りが進行しやすくなりますので十分に注意しなければなりません。

・20代後半の現在で体重を落とすことができず太っている
・加齢太りへの準備を怠っていると余計に体型維持が難しくなる

こういった流れで年齢を重ねれば重ねるほど痩せるのは難しくなり、25歳~30歳のあなたは体質を改善するに当たって今がチャンスなのです。

そもそも、なぜ30代を超えてから加齢太りが進行しやすいのか理由を見ていきましょう。

・年齢を重ねることで基礎代謝が低下し、何もしなくても消費されるエネルギーの量が減少する
・20代の頃と比べて更に身体を動かす機会が減り、消費カロリーを増やせなくなった(デスクワークの増加など)
・女性ホルモンの分泌量が低下し、働きが弱まって体脂肪が分解されにくくなる

基礎代謝の低下やホルモンバランスの変化は年齢を重ねたことによる自然現象ですので、ある程度は仕方がありません。

だからといって何も対策をしていないと中年太りが進行しやすく、部活引退後に運動をしていない女性は特に要注意なのです。

「部活を引退してから食事量が減少したから太るはずがない」と考えている女性は多いのではないでしょうか。

私もこのような意見で多少は安心していましたが、30代を超えれば基礎代謝の低下で消費エネルギーが減るという身体の変化が待っているため、20代後半の今のうちに何とかしなければならないと考えるようになりました。

部活引退後の女性におすすめのダイエットをチェック!

以下では、部活引退後の女性におすすめのダイエット方法を幾つか紹介しています。

・単純に体重を減らしてスリムな体型を手に入れたい
・身体の中でも特に足を細くして綺麗に見せたい
・ガリガリではなくても普通体型には戻したい
・10代の頃のスラっとした状態を取り戻したい

上記のように体重を減らして理想的な体型をキープしたいのであれば、ダイエットは絶対に欠かせません。

今までと同じ生活を送っているだけでは何も変わりませんし、30代以降の加齢太りが合わされば余計に痩せにくくなって元の体型に戻すのが難しくなります。

つまり、まだ基礎代謝が著しく低下していない20代後半の今が自分を変えるチャンスで、正しいダイエットへと取り組めば体質改善は十分に可能です。

どんなダイエットが適しているのか是非一度参考にしてみてください。

プライベートジムへと通って体型維持を目指す

 

20代後半の女性には、プライベートジムへと通って体型維持を目指すダイエット方法をおすすめします。

近年では公営ジムやフィットネスクラブではなく、プライベートジムへと通って痩せ体質を目指す女性が増えました。

その名の通り完全予約制の個室ジムのことを指し、専属のトレーナーがあなたについてダイエットを成功させるために徹底的なサポートをしてくれるのです。

・筋トレを行って身体を動かして消費カロリーを増やす
・食事制限の指導も行って摂取カロリーを減らす
・「消費カロリー>摂取カロリー」という構図を作る

これがプライベートジムのパーソナルトレーニングで痩せられる理由で、運動と食事の両方に焦点を当てています。

筋肉を育てるトレーニングも自分の体型に合わせて行うことができ、体脂肪を効率良く燃焼させられるからこそダイエットとしておすすめなのです。

以下では他のダイエット方法とは異なり、プライベートジムへと通うメリットをまとめてみました。

・高いお金を支払う代わりにマンツーマンでプロフェッショナルのトレーナーから痩せるためのサポートを受けられる
・ダンベルやバーベルを使った筋力トレーニングも、正しいフォームややり方でずっと指導してくれる
・正しいダイエットで痩せるための知識や心得をしっかりと身につけることができる
・完全個室でトレーニングができ、会員制のジムや公営のジムとは違って周囲の人に気を配る必要がない
・「これは食べた方が良いです」「これは極力控えた方が良いです」と、カロリーコントロールに焦点を当てた食事の指導や管理も同時に行ってくれる
・厳しいトレーニングをめげずにクリアしてダイエットが成功すれば、自分の中で良い経験や体験となる

「今までに数々のダイエットへとチャレンジしてきたけれど、失敗したり後悔したりすることが多かった」という初心者の女性にピッタリなのは間違いありません。

・食事制限による食生活の見直しだけ
・運動不足の解消だけ

上記のように極端な方法ではなく、プライベートジムでは様々なアプローチで体型維持が可能なのです。

自己流でトレーニングをしても間違ったフォームで効果が出なかったり、適当にやって怪我に繋がったりというリスクがあります。

10年前と昔でも部活に取り組んでいた女性であればプライベートジムでトレーニングを続けることはそこまで苦ではありませんし、トレーナーがあなたの体力や体質に合わせてメニューを考えてくれるので安心です。

プライベートジムでおすすめのes three(エススリー)の特徴は?

いざプライベートジムに通うことになっても、「どこが良いのか?」「どこが人気なのか?」と迷っている女性は多いのではないでしょうか。

そんな方にはダイエット専門のes three(エススリー)がおすすめで、プライベートジムの価格ランキングで第1位を獲得しました。

・プライベートジムは痩せる効果が高い代わりに費用が高いのでは?
・金銭的なコストがかかりすぎて長く続けられないのでは?

このような悩みを抱えている女性は多いものの、es three(エススリー)は1回当たりのトレーニング費用が12,944円と他のサービスと比較して納得の料金設定となっています。

他にも、es three(エススリー)にどんな特徴があるのか見ていきましょう。

・食事制限+筋力トレーニングのダイエットがメインで、糖質を適度に制限しながら筋トレで基礎代謝のアップを目指す
・「ショートプログラム会員」「ベーシックプログラム会員」「スペシャルヘビー会員」と複数のプランから自由に選べる
・通常のトレーニングが終わった後に、体型維持を目指せる2回のメンテナンストレーニングが無料でついてくる
・ベストボディジャパン2014でグランプリ(優勝)を果たしたプロフェッショナルの理論の下で理想の体型を作れる
・オプションで管理栄養士による食事管理のフルサポートを受けられる
・東京近郊に限れば比較的店舗の数が多く、長く通い続けることができる

大手のプライベートジムの一つなので安心感がありますし、コスパも良いからこそ高い人気を誇っているのです。

今ならes three(エススリー)へと入会すれば、「専用ウェアを無料でクリーニングしてくれる」「食事ガイドラインでリバウンドしない身体作りを目指せる」といった特典があります。

以前に部活動へと取り組んでいた女性であればトレーニングを続けるのはそこまでハードルが高くないので、引退前の体型を取り戻すためにes three(エススリー)でダイエットを始めてみてください。

完全個室のダイエットジム es three[エススリー]で2ヶ月間で体重マイナス15kg

 

基礎代謝を上げる運動をメインで行う

 

加齢太りや中年太りを未然に予防するに当たり、部活引退後の女性には基礎代謝を上げる運動をメインで行うダイエット方法がおすすめです。

プライベートジムで一定期間に渡ってトレーニングを行い、「シュっとした体型になった」「脚が細くなった」「体脂肪率が減った」といった効果を得られても、今の体型を維持できなければ意味がありません。

ただでさえ運動不足の女性は20代後半でも基礎代謝が低下していて、どんな悪影響があるのか幾つか挙げてみました。

・消費カロリーの減少で以前と同じ食生活を送っていても太りやすくなる
・ダイエットの効果が失われて痩せにくい体質へと次第に変わっていく
・血液の循環が悪くなって手足がむくんだり目元にクマができたりと美容面で支障が出る
・肌の生まれ変わりのターンオーバーが損なわれてくすみや肌荒れに繋がる

太りやすく痩せにくい体質となってダイエットに支障が出るだけではなく、美容面でも良くない影響が引き起こされやすいので注意が必要です。

そこで、基礎代謝を上げるに当たって日々の中でどんな運動をすれば良いのか見ていきましょう。

ウォーキング:有酸素運動の代表格で、息を切らさずに続けることで多くの酸素を体内へと取り込み、細胞が活性化して脂肪燃焼をサポートしてくれる
ジョギング:「もう少し激しい運動をしたい」「ウォーキングだけでは物足りない」という女性には、スピードを意識したジョギングがおすすめ
ストレッチ:寝起きのタイミングや入浴後にストレッチで身体を解すことで、血液やリンパの流れが良くなって新陳代謝が活性化する
スクワット:「足を肩幅程度に開く」⇒「猫背にならないように腰を落とす」⇒「最初は10回を1セットで行う」と正しい方法で行うと、筋力アップで代謝も向上する
ツボ刺激:おへその中心に位置している「中かん」や「気海」と呼ばれるツボは基礎代謝の向上に繋がり、全身浴や半身浴の合間に行うのがおすすめ
卓球:無酸素運動と有酸素運動の両方の効果を兼ね備えたスポーツで、瞬間的に身体を動かすからこそ程良い刺激を与えられる

どれも身体の内側から体質改善を図る効果を持ち、ウォーキングやストレッチは特別な道具を持たなくても簡単に毎日の生活に取り入れられます。

不規則な生活習慣を送っていると基礎代謝は下がりやすく、少しずつで良いので身体を動かす努力をしてダイエットを試みてください。

筋肉の分解を防ぐ目的でタンパク質を毎日の食生活で摂取する

「痩せたい」「理想的な体型に戻したい」と考えている女性は、運動に加えて食生活も同時に見直さなければなりません。

・炭水化物を抜くダイエットをすれば痩せるのでは?
・とにかく食べる量を抑えればOKでしょ?
・バナナや納豆の単品ダイエットが効果が高いと聞いたけど?

このような意見は出回っているものの、食事制限が中心の食べないダイエットは筋肉の分解を防げるタンパク質が不足しやすくなります。

ダイエットで激太りを解消するに当たってタンパク質は欠かせず、その理由をチェックしておきましょう。

①部活で身体を鍛えてきた女性は筋肉量が多い
②引退後に運動不足で多少は落ちてもまだ残っている
③タンパク質の摂取量が不足すると筋肉が分解されやすい
④基礎代謝の低下で体脂肪が落ちにくくなる
⑤食生活が乱れていれば全体的にブヨブヨの体型になる

暴飲暴食を防いで摂取カロリーを減らす対策はダイエットで必要ですが、タンパク質を減らし過ぎていると逆に太りやすい体質へと変化しやすいのです。

そのため、和食を中心とするメニューに加えて、鶏のささみや胸肉、牛ヒレや魚類などタンパク質を多く含む食品を中心にバランスの良い食生活を送りましょう。

まとめ

部活引退後に自然と身体を動かす機会が減るのは仕方がないものの、30代40代と年齢を重ねれば20代後半の今よりも体重を落とすのが難しくなります。

加齢によって運動量は自然と減少していきますし、基礎代謝の低下も要因の一つです。

そんな時に運動に焦点を当てたダイエットがおすすめで、上記で説明したようにプライベートジムの利用や基礎代謝をアップさせる運動で加齢太りを解消する準備ができます。

・女性は男性と比べて筋肉量が減りやすくて増えにくい
・運動は健康体をキープするためにも欠かせない

このような理由で運動は大事ですので、自分に合った方法で長期間に渡って続ける努力をしてみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

腹筋と背筋を鍛えてスリムなお腹を手に入れよう

部活引退後の代謝障害について

まだ大丈夫! メタボを解消するダイエット法はこれ!

部活引退で激太り!体重を減らすにはどうしたらいい?

自宅で気軽にはじめてみよう! 効率良く代謝を上げる方法

エグる言葉は突然に。『最近太った?』といわれたら要注意!