腹回りの脂肪を落とすのは簡単?効果的なダイエット法

腹回りの脂肪を落とすのは簡単?効果的なダイエット法

 

こんにちは、高城です。
お腹についた脂肪は、なかなか落とせないと思っていませんか?私も実践するまではそう思っていました。

実は、”ある方法”を行えば簡単に脂肪を落とすことができるのです。
『部活引退後、腹回りのお肉が気になるようになった』
『ウエストをキュッと引き締めたい』

という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

なぜ腹回りに脂肪がつくのか

まず、原因を探ってみましょう。

先にも述べたように、部活引退後にお肉が気になるようになったという方は、”運動不足”が一番の原因になります。

体を動かさないでいると、基礎代謝が下がり余分なものが体内に蓄積しやすくなります。

また筋肉が衰えるので、メリハリのない体に…。
部活をしているときは嫌でも体を動かしているので、基礎代謝は高く筋肉もしっかりついています。

『部活をしているときはたくさん食べても太らなかった』というのはそのためです。

もちろん原因はそれだけではありません。

”カロリーを過度に摂取している”
”ストレスが多い”
”不規則な生活習慣”

なども、お腹にお肉が蓄積される原因になります。

消費カロリーより摂取カロリーが多いと、当然体には余分なお肉がつきます。

では、溜まったお肉を取り除くにはどうしたら良いのでしょうか?

3つの代謝を活発にする

痩せる体にすることが第一になります。

そのためには、3つの代謝を高めてあげることが大切です。

1.基礎代謝
2.活動代謝
3.食事代謝

これらが痩せるうえで重要な代謝になりますが、基礎代謝は”何もしなくても活動するエネルギー”を意味します。男性と女性では平均の基礎代謝は異なり、若いほど高い傾向にあります。

活動代謝は、”運動などで意識的に消費するエネルギー”のこと。
食事代謝は、”食べたものを消化するためのエネルギー”を指します。

割合でいうと、基礎代謝70%:活動代謝20%:食事代謝10%。痩せやすい体にするためには、基礎代謝を上げることがもっとも重要になるわけです。

基礎代謝を上げるには

ずばり、内臓を活発化させることでしょう。
基礎代謝は、活動する中で内臓の割合がもっとも高いといわれています。

ですから、お腹についたお肉を落とすには、まず内臓の状態を良くしてあげることが大切です。

そこでやっていきたいのが内臓を活発化させるストレッチです。

両手で膝を抱え、息を吐きながらお腹へ太ももを引き寄せていきます。

この方法は『ガス抜きポーズ』ともいわれており、腸を活発化し、お腹に溜まったガスを出す効果があります。

食事では、食物繊維・ビタミン・ミネラルなどを摂ると良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

部活引退後に激太りする原因は?ダイエットにおすすめのスムージー!

目指せシックスパック!腹筋が割れない理由と効果を出す方法

もっとダイエットしたい!・・ところで標準体重って何kg?

凹んだお腹にしたい!正しい呼吸法を学んで腹筋を鍛えよう

メタボの診断基準とは

体型維持管理に!bmi値を知って体重を管理しよう