食べながら痩せたい!健康的に無理なく体重を減らす食事法

食べながら痩せたい!健康的に無理なく体重を減らす食事法

こんにちは。高城です。部活引退後、私は食欲旺盛になり太ってしまいました。
運動する機会も減ってしまうと、食べた分だけ脂肪になってしまいます。

とはいえ、一度部活で鍛えていると、元に戻すのも難しくありません。
それでも部活引退から何年も経っていると、蓄積した脂肪は落ちにくくなってしまいます。

できれば部活引退から3年以内に、数年以上経った方は根気良くダイエットしましょう。

ダイエットするときのポイントは、”健康的”に、”規則正しい食生活”を、です。

体重を減らすことを意識しない

ダイエットというとどうしても”体重を減らすこと”が目的のように思われがちですが、数値ばかり気にしてしまうと、体重は減っているのに痩せて見えない…なんてことが起こりやすいといいます。

一番大事なのは、”体脂肪を減らす”こと。

体脂肪が平均であれば、十分痩せて見えますし、バランスの良い体型になります。

逆に一見痩せていても体脂肪が多いと隠れ肥満になるので注意しなければいけません。

多少は意識することも大切ですが、あまり意識しすぎないこと。それを念頭に置いてダイエットをはじめましょう。

食事のポイント

まず、朝食・昼食はしっかり摂ってください。

『学生の頃から朝食は抜いている』
『朝からごはんが入らない』

という方もいると思いますが、朝食・昼食をきちんと摂ることで基礎代謝が高くなり、痩せやすい体になります。ごはんの量を減らすのは、夕食のみでOK。

これならストレスも溜まりにくいですし、食事をしながら痩せ体質になるので健康的です。

次に、食事のスピードですが、早食いはしていませんか?

満腹感を得るためには、ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。

満腹中枢が刺激され食べすぎを防ぐことができます。

『食べすぎてしまった!』というとき、つい食べるのが早くなっていませんか?ゆっくり噛んで食べるということは、体内で効率良く消化吸収されます。

最低でも20分かけて食事をするようにしましょう。

そして、量より質、薄味を心掛けてください。
十分に品目を摂っていると、そのぶん栄養になります。
バランスの良い食事は基礎代謝を高め、痩せやすい体にするだけでなく健康も維持できます。

せっかく痩せても、体を壊してしまっては意味がありません。それを防ぐためにも、量より質・品数を多く摂ることが大切です。
薄味も塩分を抑えることができ、病気も予防できます。

もちろん、適度な運動や規則正しい睡眠も重要です。
食べたらそのぶん体を動かし、夜更ししないように気をつけましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

腹回りの脂肪を落とすのは簡単?効果的なダイエット法

部活引退で増えた体重が落ちない!その原因と対処法

無理なく実践!!! 減らない体重の原因と解決法

脂肪だらけのぶよぶよお腹に効果抜群!足上げ腹筋のススメ

もっとダイエットしたい!・・ところで標準体重って何kg?

メタボの診断基準とは