メタボの診断基準とは

メタボの診断基準とは

私のように部活を引退し、お腹周りのお肉が気になっている方も少なくないのではないでしょうか。
運動する機会が減ると、一番脂肪がつきやすいお腹周りはみるみるうちにブクブク太ってしまいます。

とはいえ、お腹に脂肪がついている=メタボリックというわけではありません。
事前にメタボの診断基準を知っていると、ダイエットのときに役に立つでしょう。

男女の診断基準

腹部肥満と呼ばれるウエストのサイズは、男性で85cm以上、女性で90cm以上になります。

なぜ女性のほうが基準が高いのかというと、女性は男性より皮下脂肪が多い、または溜まりやすいことが関係しています。

そのため、同じ量の内臓脂肪でも皮下脂肪の影響でお腹周りが大きくなるからです。

もちろん診断では、腹部肥満以外にいくつか項目があり、その数値だった場合、メタボリックを診断されることになります。

その項目とは、中性脂肪値/HDLコレステロール値・血圧・血糖値の3つ。

中性脂肪値は150mg/dl以上、
HDLコレステロール値は40mg/dl未満。
血圧は、最高血圧で130mmHg以上、最低血圧で85mmHg以上となります。
血糖値は、空腹時で110mg/dl以上であれば問題でしょう。

もちろん、予備軍でも注意が必要です。
将来的に増える可能性もありますから、今からしっかり予防することが大切です。
また、ウエストサイズは自分でも測ることができます。太りすぎていないか心配な方は、立った状態で力を抜き、軽く息を吐いておへその高さのお腹周りを測ります。

食事に気をつけることが大切?

ダイエットの基本は、食事です。もちろん運動も大切ですが、運動をしていてもそれ以上に食べてしまっては、ダイエットの効果はあまり得られません。

ですから、まず食事内容を見直すことが重要になるでしょう。

NGな食事は、『肉類中心』『ジャンクフードを好む』『インスタント食品が好き』『塩分・糖分の過剰摂取』『暴飲暴食』などが挙げられます。

肉類は、適量であれば問題ないでしょう。むしろ肉類も栄養に欠かせない食べ物ですから、一切摂らないのは健康に良くありません。ただ食べ過ぎに注意すれば食べてもOKです。

逆に効果的な食事は、『和食』『魚介類』『野菜』『よく噛む』など。

ただし、塩分や脂ののった魚には注意が必要。野菜にかけるドレッシングも、カロリーの高いものは避けなければいけません。

また飲み物も、ジュースやお酒ではなく、ミネラルウォーターやお茶を中心に摂るようにしてください。

運動は、簡単にできるもので十分です。継続できるものが効果的なので、ウォーキングやジョギングなどがベストでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

頑張ってるけど・・運動しているのに体重が変わらないのは?

ちょっと見て!太もも肉割れは急に体重が増えるとできる?

これってメタボ?自分でできるウエスト周囲の測り方と改善法

あなたはどれくらい?メタボになるウエストのサイズ

体型維持管理に!bmi値を知って体重を管理しよう

脂肪だらけのぶよぶよお腹に効果抜群!足上げ腹筋のススメ